×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイソンのハンディークリーナーのよさ

ダイソンには掃除機を洗浄するためのハンディークリーナーがありますが、国内のメーカーのハンディークリーナとは全く構造が異なります。

ダイソンのハンディークリーナーの方式はまずは、ゴミが溜まるクリアビンの中のサイクロンで大き目のゴミを処理して、網目のフィルターで綿上のゴミや毛などを除去します。次にダイソンのハンディークリーナーは円錐状の部分でかなりの重力によりホコリなどの微粒子を除去してくれて、排気フィルターを通すことによって目詰まりもせずに吸引力も保ったままになります。ダイソン以外のメーカーの場合はフィルターをせいぜい自動でクリーナーするくらいの機種がやっと出てきたくらいでしょう。

ダイソンのDC8の特徴

ダイソンのDC12に続いて人気のある型としてはDC8があげられます。これはダイソンのDC8だけに言えることではないかもしれませんが、デザインが男心を実に刺激してくるので、大変男性に人気があるようです。

ダイソンのDC8はやはり国内メーカーに比べるととても性能がよくて、見えないものはすべて吸い込んでくれるという感じで、今までダイソンの掃除機を使ったことが無いという方は感動するレベルだと思います。それほど、ダイソンのDC8のサイクロン方式の吸引は素晴らしいものなのです。ただ、ダイソンのDC8はマメなメンテナンスが必要になってきますし、紙パックの処理も大変なので、それが国内メーカーに比べるとめんどくさいかなあとは思います。

しかし、そうは言ってもダイソンのDC8はそんなに安いものではないので、もしも、お金が心配という方は通販などの激安のダイソンの掃除機を探されるといいでしょう。ダイソンのDC8の使用感を主婦の方はぜひ一度体感なさってくださいね^^

ダイソンのDC12のメリット・デメリット

ダイソンの掃除機のDC12は吸引の仕事率は他のメーカーの掃除機に譲ったとしても吸引力は天下一品を誇っています。

ダイソンのDC12の外観は安っぽいように感じるのですが、逆にこのようなシンプルな掃除機ならば、長く使っていく上でも飽きないのではないかと思います。ダイソンのDC12のほかのよさといえば、ホースがやわらかいことがあげられます。ホースがやわらかいと扱いにくい面もあるので、嫌がる方も多いかもしれません。しかし、ダイソンのDC12に穴が開いてしまったとしても簡単に他から調達できるので、問題ないと思います。

ただ、ダイソンのDC12の欠点と思えることは排気量が大きい分とても騒音が大きく、ゴミを入れ替えるときにチリが舞ってしまうので、そこが欠点だと思います。まあ、私はダイソンのDC12のサイクロン方式の吸引はその欠点を補うようなできであると思います。何と言ってもダイソンのDC12が家にあるだけで存在感が素晴らしいですからね・∀・